寝て待たず明けの月待つ春心(2016/2/27)

(ねてまたず あけのつきまつ はるごころ)

夕べの寝待ち月を見る朝です。

「春は曙」ののどかな気分で、明けの月を見ています。(自解)

春心