そこはかとなき悲しみや曼殊沙華

曼殊沙華

(そこはかとなき かなしみや まんじゅしゃげ)
曼殊沙華のあでやかさにも、どこからか悲しみが湧いてきます。亡き人をしのぶ心のなせる業でしょうか? 季語:曼殊沙華(秋)

ページ

如風の写真俳句ギャラリー RSS を購読