汝はむしろ世を蔑むや女郎花(2018/9/11)

(なはむしろ よをさげすむや おみなえし)

女郎花。世に蔑まれたというより、君が世を蔑んでいたのでしょう。(自解)

女郎花